自分がモブプログラミングを導入したときの話

モブプログラミング Advent Calendar の 10日目です。昨日 9日目は nakalyさんの「社内hackathonでモブプログラミングをやった話」でした。

自分のモブプログラミング導入体験の経緯と、「とりあえず気になってる人はやってみようぜ!」という話をします。

私とモブプログラミング、のきっかけ

私自身、モブプログラミングを今年はじめて体験しました。2018年3月に楽天の及部さんを迎えて開催された、DevLOVE関西のイベントがきっかけ。

モブプログラミングを実践してみよう!! 〜アジャイルモンスターのモブプロ入門〜
https://devlove-kansai.doorkeeper.jp/events/70480

これがね、実際体験してみるとさまざまな気づきがありました。やる前は生産性どうなんだろうとか考えちゃってたけど、実は実は……?

暗黙知だったり認識違いだったりがあぶり出てくるサマとか、みんなの知恵が集まっていく過程での学びだったりとか、あとシンプルに「ヤッター!」ってやるの楽しいなとか。人と一緒に作業を完了させるって、単純に達成感増えるじゃないですか。

社内に展開した

その会には同じ会社のメンバーも参加していたので、社内に持ち帰って2人で一緒に展開。

2人がかりだと浸透のスピードも早くなりますね、ちょっとしたモブプログラミングのブーム(?) がやってきました。まずはお試し的にやってみて、雰囲気を知ってもらいます。わりと「興味ある」と言ってくれる人が多かったのも良かったです。イメージとしては、一人だけで抱えるにはヘビーだったり腰が重かったり不明点多かったりするタスクを、みんなで一緒にやってみてはどうでしょう〜、という感じかな。

また、プログラミングだけに限らず、モブワークというのでしょうか。見積もり、環境整備、資料作りなどもモブでやってみたり。そういうことを試してみる雰囲気ができました。モブってみたいネタを集めるために、「モブモブ」という Trello ボードを共有してテーマ収集したりとかね。

モブプロについて発表をしました

やってみた感想をということで、「PHPカンファレンス関西 2018」の懇親会にて、モブプログラミングについて LTしました。

モブプログラミングやってみた (PHPカンファレンス関西2018懇親会LT) #phpkansai / mobmob - Speaker Deck

まあ懇親会(みんなお酒入っている場) なのでダダダーーっとしゃべった感じになりましたが、モブプログラミングをやって感じたメリットと、どうやって導入していけばよさそうか? という話をしました。

よければスライドをご覧ください、モブプロってどんな感じ?と興味ある人には雰囲気伝わる内容かと思います。

モブプログラミングを始めるには

そのスライドにも書いてるんですが、モブプログラミングって始めるハードル自体はそんなに高くないと感じているんですよね。

最低限必要なものは

  • 場所 (会議室など数人で作業できるスペース)
  • 大きめのモニタ (26インチ程度あれば)
  • PC 1台

くらいでして、そんなに準備が大変なものではありません。

あとは自分のほかにもう一人、「やってみたいな〜 やってみようか〜?」っていう人がいれば、もう、やってしまえば良いと思います。

先の及部さんによる「Mob Programming Startup Manual」という導入資料もありますんで、そのへんをあらかじめ共有しとくと良さそう。

やってみたい人が周囲にいなかったら?

一緒にやる仲間が見つからない場合な〜……

ひとつは僕が最初に行ったみたいな、社外の勉強会・イベントなどに参加するのが手かなあと。また、モブプロ経験者に声をかけて実際に教えてもらう・一緒にやってみるというのはだいぶ有効かと思います。チームに呼んで来てもらうとか、外でイベント的に試しにやってみるとか。

あとは、「モブプログラミング」って言葉を無理に使わなくてもいいのかなと。馴染みのない単語を使うと、説得やら理解してもらうのやらに時間かかっちゃうケースもあるだろうなと。

モブプロという言葉を出さなくてもですね、例えば急ぎのバグ対応をチームのみんなに協力仰ぐとか。
ちょっと不安なタスクを、誰かと一緒にやってみるのお願いするとか。
コードレビュー対面でやるついでに修正までその場でやっちゃおうとか。
新しく入ったメンバーには、慣れてもらうために一緒に作業する時間を増やしませんかとか。

なんか知らんうちにペアプロやモブプロな状態に、っていうパターンもあると思います、そうなる方向に仕向けていくのもアリかな、と思います。

まとめ

まあまずは一回やってみてください、自分もやってみて初めて気づいたことがいろいろありました。

設備的な準備のハードルは低いので、あと必要なのはやっていく気持ちとメンバー。うまいこと賛同者を見つけるか、社外勉強会などで経験者に助けを求めるか、自然とモブモブ状態に持ち込んでいくかかなと思います! Let's モブモブ!

モブプログラミング Advent Calendar
https://qiita.com/advent-calendar/2018/mobprogramming