Hexo で helper 的な共通関数を定義する

最近静的ファイルジェネレータの Hexo を使う機会があったので、メモ。

Hexo のテンプレート内のどこででも使えるヘルパー関数、共通関数的なものを書きたい場合、どこに置けばいいか。WordPress だと functions.php にいろいろ書きまくって油断するとすぐにファイルが太っちゃう系の、ああいうやつです。

Hexo の場合、 /themes/テーマ名/scripts の下に任意の js ファイルを用意して、

hexo.extend.helper.register('example', function(args) {
  // ここでいろいろ処理を書く
  return result;
});

こんな感じで OK っぽい。こうしておくと、テンプレート内のどこででも

<%= example('string') ?>

などで呼び出せます。


参考