【レビュー】27インチ WQHD解像度モニター JAPANNEXT JN-IPS2775WQHDR

自宅で作業をする機会が多くなってきたので、PC用のモニタも新調しました。JAPANNEXT の JN-IPS2775WQHDR というやつです。あまり聞いたことのないメーカーですが……

いまのところいい感じなので、レビュー的なメモです。

27インチで WQHDR という解像度がよい

いままでは 21インチのフルHDディスプレイ (1920x1080) を使っていましたが、作業をしていて画面の狭さを感じることが増えてきました。職場では、27インチの 4K (3840x2160) ディスプレイを使っています。4K の解像度はフルHDの縦横それぞれ2倍なので、面積としては 4倍。圧倒的広さ。

ただ、27インチで4K表示していると、文字がかなり小さくなって読みづらいんですね。なので WQHD表示(2560x1440)の設定にして使っています。これなら文字の大きさもちょうどいい感じ。

結局、4Kの解像度で文字の読み書きをしたいなら 30インチ以上の画面サイズは欲しいなと個人的には思います。でも自分の家のデスクに置けるサイズとしては 27インチ程度が限界…… 設置面積の問題ですね。

というわけで、27インチ程度で WQHD 解像度のディスプレイを買うことにしました。

設置してみた

ディスプレイは値段の上を見るとキリがないので、非光沢・IPS液晶で安めのものを探したところ、JAPANNEXT というメーカーのものが安い。

正直自分の仕事の用途としては発色などはあまり気にしておらず、コードを書いたり読んだりができれば十分なんですね。あまり高いものでなくても、IPS液晶ならまあいいだろう。ということでポチっと購入。

設置してみたところ、こんな感じになりました。

手前は MacBook Air の 13インチです。

いやー、27インチで横 2580px というのは、デスクのサイズを考えるとちょうどいいですね。1280px でブラウザを開いても、残り半分を別のことに使えます。これ以上サイズが大きいと圧迫感出そうだしな。快適。

用途がコードの読み書きとブラウザ使う程度だからかもですが、個人的には画質面も気になるところなし。ふつうに使えています。

あと、土台というのかな、フットプリントが横25cm x 奥行き 18cm 程度と小さかったのもありがたい。自分のモニター台は奥行きが 20cm なのですが、問題なく置けました。

JN-IPS2775WQHDR の気になったところ

もちろんお値段の安いものなので、良いところばかりというわけでもありません。画質面については自分はどうのこうの言えるほど目がよくありませんので、それ以外の点で気になったところを挙げておきます。

  • ベゼルが太い
    ベゼルレス流行りの昨今ですが、2.5センチくらいの太さがあります。個人的には特に気にしないんですが、気になる人もいるのかな〜
  • HDMI入力が 1つしかない
    これは2つくらい欲しかったな。接続端子は HDMI が1つと、ディスプレイポートが1つになります。あとは Audio Out と 充電用の USB端子。
  • 高さ調整ができない
    まあこれは安価なものなので期待してなかった。前後の傾き調整は可能です。
  • 電源内蔵ではなく、ACアダプタがある
    そんなに大きい方ではないと思いますが、ACアダプタがあります。デスクの配線まわりをスッキリさせたい人にはデメリットかなと思います。

でもでも、これで 27000円弱で買えましたんで、十分にお値打ちなのでは、と思いました。数日使っていますが、 ふつうにコードを書いたり読んだりする用途では特に不満はありません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JAPANNEXT 27型ワイド LEDバックライト搭載WQHD解像度 HDR対応液晶モニター JN-IPS2775WQHDR (JNIPS2775WQHDR)
価格:26967円(税込、送料無料) (2019/1/4時点)