Officerfishdumplings -- Finds Your Way Home

(Notenuf / 2006)

面白いなあ。エレクトロニカ+生楽器な組み合わせなんだけど、フォークトロニカとか言ってしまうには面白すぎる。
かなりブロークンなビートと、けっこうマトモな生楽器(ピアノ、アコギとかアコーディオンとか) の入り交じり具合に、相当なユーモアセンスを感じます。普通にだって作れるのに、あえて崩している感じ。springintgut とかもちょっと連想させます。面白いなあ。

http://www.officerfishdumplings.com/
http://www.myspace.com/officerfishdumplings

Hey Willpower -- P.D.A.

(tomlab / 2006)

ひとことで言うと、hot chip + 初期プリンス。なよなよファンク・ポップ。中途半端感アリアリのエレクトロ・インディーポップで、ちょっとソウルとゲイ・ミュージック入ってます。
このなよなよ感、好みなような、微妙にそうでもないような…。いや、アリかなあ?

で、レーベルが tomlab っていうのは、意外と意外かも。

http://www.willpowermusic.com/
http://www.myspace.com/heywillpower

the Jesus Lizard - Goat

(touch and go / 1991)

まあ延々 made out of babies を聴いておるのですけれどもね、最近。で、ヨメが言うには「これ聴いてると Jesus Lizard が聴きたくなる」、と。

ああ、そうなのねえ。このベースとかのゴリゴリ感なんよねえ。ギターの重さなんよねえ。
とか思った。

http://www.myspace.com/thejesuslizard

MobiLens MW

落として、なくした。


dcfc0158.JPG


dcfc0165.JPG


というわけでmobilensナシの写真です。

Bjork -- Volta

(One Little Indian / 2007)

日本盤に遅れること2週間、5.1ch サラウンドDVD付きの限定輸入盤が入荷されたので、ようやく購入。タワレコで3500円でした。

今回は全体的にリズムがはっきりしていて、楽しいビョークが帰ってきた!というかんじですよ。特にパンキッシュな四つ打ちの "Declare Independence" が気に入ったんですけど、これちょっとシュガーキューブスの隠れた名曲 "luftgitar" を思い出したり。

新作アルバムが聴けることがほんとに嬉しくて、やっぱりね、僕はあほほどビョークが好きなのだと思った。あらためて。

http://www.bjork.com/
http://www.myspace.com/bjork

V-Gear MobiLens MW

mobilens-1.jpgネットで知って気になってたんだけど、たまたま売ってるところを発見したので買ってみました。ケータイカメラ用の広角&マクロレンズです。梅田のDOS/V パラダイスで1280円でした。

くわしくは↓この辺を。

で、ケータイではなくデジカメの a520 に取り付けて試してみると、


dcfc0128.JPG
これが

dcfc0127.JPG
こうなります。

さすがに周辺部分はのわーっとボケますな。でも画角はだいぶ変わるし、お手頃価格だし、お遊びにはまあまあいいんでないかい。
これ、広角だけじゃなくてマクロ機能もあるんだけど、接写2cmはちょっと近すぎる…。食べ物を撮りたい、とかってのには不向きでした。はい。

schrasj -- moneyshot ep

schrasj(rocket racer / 1997)

ここ10年で、自分の最大のアンセム的な1枚。
インディーロック的な音と、ポストロック・ジャズ的な音の中間に入る感じで、もうほんと、当時は好きで好きで好きで。今でも好きで。

バンドは現在は活動していませんが、ギターの Gram Lebron はソロユニット Golden Gram や、Rogue Wave (sub pop) のギタリストとして活躍中。

http://www.ojet.com/site/bands/schrasj/

Sora -- Live at Metro

sora_live_at_metro(Intervall-audio / 2007)

ここで、sora のライブ音源が無料でダウンロードできますよー、と。
http://www.intervall-audio.com/mp3_releases/index_jap.html

やはり、アルバム "re.sort" からの曲が中心です。名盤やしねー。


sora -- re.sort

(plop / 2003)

名盤。

http://homepage.mac.com/s_ra/

Ada -- Blondie

(areal / 2004)

一昔前の雰囲気の、チープなテクノ/テックハウス。ダサいといえばダサいんだけど、若干ニューウェーブな香りもあってクセになります。
本人によるボーカル曲もありで、EBTG のカバー "Each And Everyone (Blindhouse)" なんて、かーなり哀愁漂ういい雰囲気の曲です。
他にも Yeah Yeah Yeahs のカバー曲が入ってたり、シングルのリミックスを Erlend Øye (Kings Of Convenience) が担当したり、なんてことも。

http://www.myspace.com/wwwmyspacecomada

酒の大八

酒の大八

近所の飲み屋さんですよ。

Para -- X-GAME

(p-vine / 2006)

山本精一、YOSHITAKE EXPE (nutron)、TARPOP にも tohoho 名義で参加してくださった家口さん、西滝太(port)、そしてチャイナさん、など そうそうたるメンツのスーパーバンド。
全員が相当な個性を持ちながらも、誰一人それを前面に出して主張しない、みんなが一歩引いた感じで平行に進んでいく演奏。そんな演奏のループが生み出すグルーヴ。
まさにスーパーバンド。

http://www.p-vine.com/app.php/mo/Shop/ac/ProductDetail/id/5509

ゴールデンウィーク




cashmere


カシミヤと、万博公園。

Polaroid a520

乾電池で動いて広角なデジカメが欲しいなあ、なんて思っていたのですが、思わず広角でもなんでもないポラロイド製デジカメ "a520" を買ってしまいました。9000えんくらい。

まあ値段からも分かるとおり、おもちゃデジカメって感じです。機能は少ないし、レスポンスもよくないし、操作性も悪いし、光学ズームもマクロもないし…。だけど、ときおりフィルムで撮ったっぽい味わいの色で撮れることがある感じ? レンズがガラスなのとか、関係あるのかな。よくわからんですが、さすがポラロイドと言っておこう。

そういう「味」は持ってそうなカメラなので、どんどん撮っていきたいと思っておりまっす。

玄関から

駅

Sergej Auto -- Music, OK!

(saasfee / 2002)

これを紹介せんわけにはいかんだろうと。

チェコの奇才による、2002年の名盤。ベターっとしたオルガンやピアノのフレーズが時にファニーで、それでもばっちりフロアで踊れるズンドコ・エレクトロ・テックハウス。んもうサイコー。

2006年に 3rdアルバム "We Are Giants" も出ていますが、やっぱりこのアルバムの "bravo! kta-3000" が名曲すぎます。んもうサイコー。

http://www.saasfee.de/home/releaseshop/musikok/

m for m (my mix CD)

(2006)

  1. Qua -- Happy Domestika

  2. Deadbeat -- White Out

  3. Spacetime Continuum -- Micro Jam

  4. Matzak -- The Burglar

  5. Dublee -- Bounce

  6. Gui Boratto -- Like You (Supermayer Remix)

  7. Lo-Fi-Fnk -- City

  8. Crackhaus -- Ample Lacks

  9. Springintgut -- Kirmes In C-Dur

  10. Jacaszek -- Rejs

  11. Fila Brazillia -- Platinum Spider

  12. Electric Company -- Early Teeth

  13. Depeche Mode -- Suffer Well

  14. Mouse On Mars -- Stuffed Funk

  15. Ada -- Eve

  16. Andreas Tilliander -- Back To The USA

  17. Sergej Auto -- Metro Top

  18. Ellen Allien -- Open

  19. The Rice Twins -- For Dan

  20. lullatone -- Floating Away


デペッシュ・モード好きのヨメのために作った自作mix CD。
実際問題、デペッシュの前後数曲だけ気合いが入っていて、その他はわりと惰性でダーっといっちゃってるかも。…いやいや。ちゃんと作った。よ?

でも実際のハナシ、これは全曲 PC内でミックスしたので DJ 的にはかなりイカサマです。すまん。

Jacaszek -- Lo-Fi Stories

jacaszek-lo-fi-stories(gusstaff / 2002)

ポーランドのエレクトロな人の、2002年作。
ファニーでポップな曲もあれば、ダークなのもありで。明るく温かい曲調の四つ打ちものはかなりの好みでございます。
2005年に出たアルバム "Jacaszek & Milka - Sequel" は、女性ボーカルと組んでえらくオシャレさん路線。こっちはちょっと好みとは遠いかも…。

http://myspace.com/jacaszek

ensemble -- ensemble

(fat cat / 2006)

Björkのリミックスなんかをやってた、Ensemble のファーストアルバム。fat cat から。
エレクトロニカ要素のあるアンビエントなフォークで、各曲のゲストボーカルもなかなか豪華です。ルー・バーロウに cat power, mice parade。
静けさと狂気がセットになっていて、いや、なにより曲自体がとてもいいのでかなり好きなアルバムです。

http://www.ensemble-home.com/
http://www.myspace.com/olivieralary